2017年4月10日月曜日

不肖・三田登がモノ申す!(77)

「谷敷時子さんを励ます市民のつどい」に130名の市民が参加!
保健師として、市議としての体験と決意を語る谷敷さん
参加者で会場は満席。大い盛り上がりました
去る4月6日に5月の八千代市長選立候補の記者会見した谷敷時子さん。早くも大きな話題になっています。

政策協定と選挙協定を結び、支援を表明した「市民が主役の市政を実現する会」の主催で、4月9日に八千代市総合生涯学習プラザにおいて「谷敷時子さんを励ます市民のつどい」が開催されま
した。

開催されたのは立候補表明後わずか3日後。7日には市内全駅で駅頭宣伝を展開したものの周知不足もありましたが、当日は130名以上の市民が参加して会場は満席。事務局長の私としても一安心するとともに、谷敷さん立候補の意義深さを再確認できました。

冒頭の今村代表の挨拶に続き、藤ヶ崎稔・元八千代市職労書記長、成田美奈子・元青年海外協力隊員、岡本秀衞・元八千代市議のいずれも谷敷さんの元の職場の仲間からの推薦の挨拶があり、さらには市内、佐倉市、習志野市から10市民団体などからの応援メッセージがありました。

とりわけ谷敷さんからの決意表明はとても真摯なもので参加者らも感動しきり。「何としても谷敷さんを当選に押しあげよう」という多くの声があがりました。

「今度こそ真の市民派市長を誕生させよう」という機運が早くも高まってきています。

不肖・三田登がモノ申す!(76)

谷敷時子さんが八千代市長選立候補を表明!
千葉テレビニュースより
任期満了に伴う5月21日の八千代市長選挙に、元市議の谷敷時子氏が立候補を表明しました。無所属ですが、市民団体の「市民が主役の市政を実現する会」が支援します。

去る4月6日に八千代市内で記者会見した谷敷氏は、「女性の視点をもって八千代市に貢献したい」と意気込みを述べました。

谷敷氏は保健師として八千代市役所に15年勤務したほか、青年海外協力隊としてバングラシュで活動。2003年から八千代市議を2期務めました。

市長選に向けて「市民のくらしに寄りそう八千代市に」をメインスローガンに①安心して子育てできる八千代市に②高齢者・市民が暮らしやすい街に③保健・医療の充実、女性の声を市政に④市民優先の財政運営。等の政策を訴えています。

保守派市長でもなく、エセ市民派市長でもなく、八千代市に真の市民派市長を市民の力で誕生させましょう。

2017年3月19日日曜日

不肖・三田登がモノ申す!(75)

「市民が主役の会」が市長選に独自候補擁立を表明!


事務局長として記者会見に臨みました(千葉テレビニュースから)
去る3月13日、八千代市生涯学習プラザ第2研修室において、市民が主役の市政を実現する会は、今村弘美代表、浦卓夫副代表、三田登事務局長の三役が記者会見を行い、八千代市長選挙に向けた会の意思表明を行いました。下記に表明文を掲載します。

先の市長選挙において、秋葉候補と弊会とで25項目からなる政策協定を締結し、当選後の履行を約束しました。その“1丁目1番地”が「新川ハコモノ計画の中止を含む大胆な見直し」でした。選挙において、会は中心的な役割を果たし全面的に市長選挙を支えました。

しかし、当選直後の記者会見で秋葉市長は「歩道橋以外は新川計画の見直しを公約していない」と釈明。「公約とは選挙期間中に明らかにしたことだけを意味する」などと言い訳をしましたが、選挙中に配布したリーフレットには「新川計画(総額85億円)の大幅見直し」と書かれていました。しかも、その歩道橋も建設してしまいました。これらは明らかな公約違反であり、秋葉新市政に期待して投票した22,126有権者への裏切りに他なりません。

その後も会は説明を求め、公開質問状を提出しましたが、秋葉市長は無視するなど、不誠実な対応に終始しました。そこで会は同年8月に市長への支援・支持関係を解消するに至りました。

この間の秋葉市政における重点政策は「財政健全化と情報公開・市民参加」でしたが、肝煎りの「財政リスク回避戦略」は専ら市民サービスの切り捨てを前提とするものであり、しかも昨年度決算にみられるように、市債約560億、債務負担行為も含めると約740億円の借金があり、財政難に苦しむ八千代市の財政健全化には程遠い状況です。

情報公開に関しても「公文書改ざん」問題にみられるように、市民を裏切りました。また「市民参加」もアリバイ作りのためのパフォーマンスばかりで、市民参加や市民合意とは無縁の市政であったことが明らかになっています。

さらには、市庁舎耐震化対策においても、従来の耐震化・大規模修繕工事の方針を、秋葉市長は突然トップダウンで建て替えに方針転換。他の多くの公共施設の耐震化不足が問題になっており、対策が急がれる状況なのに他の残された公共施設の耐震化診断の予算さえも今年度予算には組み込まれておらず、「安全性が保障されたすべての公共施設を」「市庁舎だけ安全ならいいのか」という市民の声と遊離しており、事業費約105億円といわれる突然の建て替え方針転換は市民との合意形成が後回しにされています。

これら、一連の秋葉市政を見れば、当初の「市民派市長」の看板には偽りありであったことは明白であり、会としてはあらためて秋葉市長不支持を宣言するものです。

また、他に立候補を表明している保守系候補者についても、基本的にはかつての豊田市政の政策路線が再現される可能性が高いと考えます。

開発・ハコモノ優先の豊田市政10年で八千代市が財政難に陥ったことを問題として、会の前身であった「市長リコールを実現する市民の会」が豊田市長(現参院議員)のリコール運動に取り組んだ経緯を考えれば、これまた支持することはできません。

重要なことは、かつて秋葉氏に投票したものの、「秋葉氏に裏切られた」との失望と怒りをもち、「でも、保守系候補にも投票したくない」との思いを持った多くの有権者に「市民が主役の市政」を実現するための新たな選択肢を提起するのは会の任務であると考えています。

現在、会としては独自候補を擁立すべく、最終的な確認作業中であり、近日中に公式発表する予定ですが、まだ若干の時間を要することから、本日、市長選挙に向けた意思表明をする運びとなった次第です。

2017年3月12日日曜日

不肖・三田登がモノ申す!(74)

千葉県知事は、すみや信一さんに!

一生懸命に応援演説をしました
すみやさん、お得意の歌声を披露
千葉県知事選で、すみや信一候補の応援に行ってきました。私も「新しい知事を選ぶ会・やちよ」の世話人になっています。

10日は本人と共に八千代台駅頭にて。11日は京成沿線の各駅前にて一日宣伝行動。下手な演説をして回りました。

全国第4位の財政力を持つ千葉県なのに、教育や福祉などは最低ランク。県民のための県政をできない森田知事にもう任すわけにはいきません。

次の県政を任せられるのは「受験競争と貧困から子どもを救う、ブラック企業根絶、高齢者・障がい者を大切にする。そんな県政をつくる。全国で第4位の財政力はそこに使う」と訴える、すみや信一さんをおいて他にいません。県民・市民の力で押し上げましょう。
 

2017年2月16日木曜日

三田登と共に市政を考える会(26)

定例市民懇談会に35名の市民が参加!

一日目の会場となった大和田公民館にて
市政報告をさせていただきました
実は、パソコンが壊れて半月ほど様々な作業がストップしていました。修理不可能ということで新規購入しました。

ということで、やや古い情報ですが、去る2月4日~5日に、議会終了後に「三田登と共に市政を考える会」が主催している「定例市民懇談会」が開催されました。

12月議会と市政報告、参加者による意見・情報交換がおこなわれ、お陰様で35名の市民が参加していただけました。まいどのことながら様々な声を聞くことができました。今後の議員活動の糧となります。ありがたいことです。

さて、早くも今月の21日から3月議会が行われます。5月には市長選挙が予定されており、なにやら波乱含み。いずれにせよ、市政の主役は市民であることを議会も行政も忘れてはなりません。

2017年1月15日日曜日

不肖・三田登がモノ申す!(73)

県政フォーラム「もうすぐ知事選!たまには熱く千葉を語ろう」に参加してきました。
会場いっぱいの参加者
昨日の1月14日、船橋市勤労市民センターにおいて「ちばレボ・選挙で日本を変えたい市民の会・千葉」主催の「もうすぐ知事選!たまには熱く千葉を語ろう」が開催されました。

集会にはパネラーとして、福嶋浩彦さん(元我孫子市長)、高野孟さん(ジャーナリスト)、山本友子さん(千葉県議)が出席。大変ためになるお話しが聞けました。

3月には千葉県知事選が予定されており、現職の森田氏、松﨑浦安市長、元県立高校校長の皆川氏が立候補を表明していますが、共産党系の市民団体「みんなで新しい知事を選ぶ会」が候補者を公募。民進党は候補者擁立を断念したので、野党統一候補を擁立してほしいものです。

集会でも明らかにしていたように、森田知事は「働かない知事」として有名。1時間以下の僅かな仕事をカウントしたとしても、休日が年間151日という、まさに給料(知事報酬2224万円、全国第3位)ドロボウ。

千葉県は、47都道府県で4位の財政力にもかかわらず、ナント、福祉、教育、医療などのランクが平均で42位という状況。「お金の出し入れ」の判断が知事職の肝であり、これでは知事失格。「俺は男だ!」と勇ましく叫ぶのはテレビドラマだけのお話しでした。

県民の声をバックボーンした、県民のために「働く知事」へのバトンタッチが求められます。
福嶋さんと。
高野さんと。

2017年1月10日火曜日

何やら四方山話(36)

やったぜ、千葉ジェッツ!全日本選手権に初優勝!!

優勝に歓喜する選手たち
ジェッツの勇姿
やったぜ!千葉ジェッツ!!

全日本総合バスケットボール選手権(オールジャパン2017)は9日、東京・国立代々木競技場第1体育館で男子決勝が行われ、Bリーグ1部の千葉ジェッツが川崎ブレイブサンダースを88-66で下して初優勝。チーム創設6年目にして初タイトルを獲得しました。

にわかファンだけど、私もチーム拠点の船橋出身なのでうれしいですね。

特に、NBAの下部リーグ(=NBAディベロップメントリーグ/Dリーグ)でプレー経験がある司令塔の富樫勇樹は、28分間の出場で20得点をマーク。身長167センチという身体での活躍は、かつての田臥を彷彿とさせました。

私も昔、少しだけ陸上(短距離)をやっていましたが、チビ(164センチ)で、常にハンデを感じる競技生活でした。だから、富樫選手の活躍は気持ちがいいですね。チームも富樫選手も、これからも頑張ってもらいたいものです。
富樫勇樹選手。左の選手と比較すると

2017年1月8日日曜日

不肖・三田登がモノ申す!(72)

「共謀罪」の今通常国会可決を許すな!

アベ自公政権がついに「共謀罪」を今通常国会に提出すると報道されています。

犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を変えた「テロ等準備罪」など所詮はこじつけであり、「国民の思想や内心の自由を侵す恐れがある」「捜査機関の職権乱用などによって人権が侵害される」として、野党、日弁連、そして国民が反対するのは当然すぎる話です。

それを議席数にまかせて強行すれば、まさに国民不在の暴挙ですし、許せません。

「共謀罪」を創設すれば、犯罪の相談や合意があったと証明するために室内盗聴など日常的な監視が必要になり、今夏の参院選では野党支援団体などが入る建物の敷地に警察が隠しカメラを設置していたことが問題になりましたが、これが「合法的」に行なわれてしまいます。

アベ自公政権は「特定秘密保護法」で国民の知る権利を奪い、ここでさらに国民の声も奪おうとするファシストぶり。これでは、主婦が井戸端会議でアベの文句をお喋りしていたら、しょっ引かれかねません。

これで、アベが嫌う北の国の独裁者とどう違うというのでしょうか。

国会でも民進党、共産党、社民党なども、いまいち迫力不足(支持者の皆さんゴメンナサイ)ではありますが、国民の声と連動させながら、天下の悪法を許さない運動が求められています。

8月段階で報道された説明図。今後さらに狡猾になるでしょう。