2016年4月29日金曜日

不肖・三田登がモノ申す!(61)

ヘイトスピーチへの明確な規制・禁止法を急げ!

「自民・公明両党と民進党との修正合意を踏まえ、自公が提出したヘイトスピーチ対策法案が、今国会で成立する方向となった」と報道されています。しかし、野党が昨年に提出した案はヘイトスピーチの禁止条文(ただし罰則規定はなし)が示されていたのに、与野党による「付帯決議」として、「国際条約の精神に鑑みて適切に対処」「地方自治体も解消に向けて取り組み」と、妥協した内容となっています。

報道されている新宿区でのヘイトスピーチへの抗議行動に参加していた女性らに対する警官が暴行した事件で、東京都内に住む女性3人が15日、氏名不詳の警察官3人を傷害容疑で告訴しました。この事件では国家公安委員長が謝罪しています。

また、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らが6年前、徳島県教職員組合で罵声を浴びせた行動をめぐり、県教組と当時の女性書記長、が在特会側に慰謝料など約2千万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日に高松高裁でおこなわれ、生島弘康裁判長は、「人種差別的思想の現れ」で在日朝鮮人への支援の萎縮を狙ったと判断し、倍近い436万円の賠償を命じています。

のりこえねっと・共同代表の辛淑玉さんは、新宿での事件に「かつては労組や硬派の市民運動、そして在日に向けて振るわれていた暴力が、ついに一般市民に向けられた」として、ヘイトスピーチの規制・禁止を訴えています。

近年の、在特会などによる一連のヘイトスピーチ行動は、言葉の問題だけではありません。レイシズムによる排外主義・差別主義運動を通して、物事の本質を権力側の都合のいい方向に国民を動員していくものであることは歴史が証明しています。
高松高裁判決後に会見する原告弁護団

2016年4月23日土曜日

不肖・三田登がモノ申す!(60)

「止めよう戦争法案!習志野パレード」に160名の市民が参加!
市民による堂々たるパレード
既報のように、私も賛同人となった「止めよう戦争法案!アベ政治ノー!習志野パレード」が4月23日に京成習志野駅周辺でありました。

集会には、約160名の市民らが参加。立崎誠一さん、谷岡隆さん、荒原ちえみさんら習志野市議や、日本共産党の浅野ふみ子さんが来ていました。私は遠慮して、後ろの方に立っていたのですが、呼ばれて簡単な挨拶をしました。

遅れて民進党の樋口博康さんがナント、剣道着姿で登場。たまたま近くの消防署で稽古中だったのを抜け出しての参加だとか。さすがのフットワークです。

JR津田沼駅近くまでのパレードは、道行く人たちに、おおいに注目され、大きなアピールとなりました。このような、市民による地域での運動の積み重ねが大きなうねりを作り出し、戦争法廃止、そしてアベ自公政権を政治の舞台から引きずり出す国民的エネルギーになるのだと思います。
主催者側で中心的役割を果たした川辺俊一さんと
剣道着姿のままパレード貫徹(?)の樋口博康さんと



2016年4月21日木曜日

不肖・三田登がモノ申す!(59)

「戦争法廃止を求める2000万統一署名」運動を成功させよう!

この間、全国で取り組まれている「戦争法廃止を求める2000万統一署名」ですが、集計まで、いよいよ大詰めです。八千代市でも、昨年に結成された「八千代・戦争法ストップの会」による様々な取り組みがありました。

2月には、「戦争させない!2000万署名推進八千代実行委員会」による、「アベ政治を許さない!市民のつどい」を、小林節さんらを招いて開催。会場を満員にする1100人の市民が結集して大成功をおさめています。

実行委員会は、3万1千筆(八千代市の人口は19万5千人)を目標に、連日奮闘しています。現時点で1万1千筆。まだ目標には届かないものの、最後まで奮闘します。私も呼びかけ人として微力を尽くしています。

みなさん。アベ自公政権による国民不在の数々の悪政を許さず、国民の力で政権の舞台から引きずり下ろすため、「アベ政治を許さない」声を共にあげていきましょう。この署名運動も、その一環です。

このエネルギーと成果を、当面する補選・参院選へとつながることが求められています。
6万枚が配布されたビラ。ウラ面が署名用紙になっています


2016年4月19日火曜日

市議会レポート⑰

定例市民懇談会に、気軽にお立ち寄りください

八千代中央駅での早朝駅頭宣伝。順次、主要駅で行います
市議選に当選後、定例議会では必ず質問を行ない、皆勤賞です。と言っても、まだ1期の2年目ですから、何の自慢にもなりませんね(笑)。

同じく、必ず開催しているのが、「定例市民懇談会」。これは議員になる前からやっています。議員になってからは議会報告も行うようになり、前半が議会報告、後半が懇談会で構成されています。

2日間、会場を変えて開催。毎回30人~40人の市民の方々が参加してくれます。それと市政報告のための会報も発行。実は、私は無所属・無会派。いわば個人商店ですから、基本的には何でも自分で考え、自分で行動しなければなりませんが、後援会である「三田登と共に市政を考える会」のメンバーの方々が、ビラのポスティングや駅頭宣伝などを手弁当で協力してくれます。本当にありがたいことです。
さて、下記の通りですので、お近くの方は、気軽にお立ち寄りください。
 
(お詫びと訂正)「市民派通信」で間違いがありました。質問②3行目を下記のとおり訂正します。申し訳ありませんでした。
×阿蘇・地域 → 〇阿蘇・米本地域

定例市民懇談会
日 時 /1日目 5月7日(土)午後1:30~3:30     
日 時 /2日目 5月8日(日)午前9:30~11:30   
会 場 /1日目 大和田公民館(京成大和田駅)      
会 場 /2日目 八千代台東南公民館(京成八千代台駅)





 



 
 

 



2016年4月18日月曜日

何やら四方山話(22)

「お互いさま」の気持ち
当日は強風の悪天候。それでも熱心に参加
熊本の地震から5日。現時点で42人の死者、9人の安否不明、千人以上の負傷者、11万人以上の避難者が出て、今もなお余震が続いています。心から、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

さて、私の住む八千代市の大和田地区では、3つのブロックで構成される自主防災会が昔から組織されています。とても意義深いことです。住民の自主活動として、災害防止に向けた様々な取り組みをしています。

昨日の4月17日に定期総会があり、私も参加してきました。状況が状況だけに、いろいろな意見がでました。なお、今年度から町会組織に組み込まれることに。自主組織の意義は大きいと思うのですが…。でも、会が高齢化してきており、やむを得ないかもしれません。他の地域でも同様の悩みがあるのではないでしょうか。

いずれにしても、大地震など大きな災害が起きる可能性はどこにもあるわけだし、起きてから、「さあ、どうしよう」ではなく、組織的な危機管理が地域に必要ですね。行政の対応力はいうまでもありませんが、それだけではなく、地域住民同士のコミュニケーションが求められますね。

いくら都市化しても、地域やご近所での「お互いさま」の気持ちは、やっぱり大事ですね。

2016年4月8日金曜日

不肖・三田登がモノ申す!(58)

~川内原発・運転差し止め即時抗告審棄却~
福岡高裁の暴挙を許すな!
九州電力川・内原発1、2号機(鹿児島県)の運転差し止めを求め、住民らが求めた仮処分申し立ての即時抗告審に対する、福岡高裁宮崎支部の棄却という暴挙に怒りを禁じえません。

高裁支部は、九州電力の「基準地震動(原発で顧慮する地震の揺れ)」や、「基準に適合した」とする原子力規制委員会の判断を根拠にするなど、政府や電力会社と結託したものであることは明らかです。過日の高浜原発の大津地裁の決定とは真逆の不当決定でした。

西川裁判長は、「どのような事態が起きても、放射能漏れを起こさないほどの安全性を原発に求めるのは、今の科学技術では不可能(読売新聞)」と説明。

ふざけないでもらいたい!原発の危険性を認識しながら、「危険だけど、国民は我慢しなさい」と言っているのと同じです。安倍自公政権が推進しようとしている原発の全面再稼働・開発、原発輸出を司法が後押しするものであることは明白です。

住民側弁護団は6日午後、宮崎市内で記者会見し、「火山に関する部分の大半でわれわれの主張を認めながら、どうして運転差し止めにならないのか。全く理解できない」と批判していますが、当然です。

また、弁護団は「東京電力福島第一原発事故が招いた重大な事態と今も続く深刻な被害を何ら省みることなく、政府の原発稼働推進政策に追随するもので、到底認めることはできない」「廃炉を目指して闘い続ける」と表明しています。

全国民による「原発ノー」の声をさらに拡大していきましょう。そして、そのエネルギーで安倍自公政権を政権の舞台から強制退場させなければなりません。
 



2016年4月3日日曜日

何やら四方山話(21)

爺ばかシリーズ①
タレントの孫娘、山田 紗椰(10歳)の宣伝です。デビュー3年目です。テレビやCMでも、それなりに活躍中です。

息子(紗椰のパパ)の情報によると、4月に公開される映画「闇金ドッグス2&3」に紗椰が出演します。(文科省推薦映画ではありませんが。)MEGUMI扮する母親の娘役です。

パート2は4月9日から、パート3は5月21日から、「新宿バルト9」で1週間限定公開になります。

紗椰はパート3で出演になりますので、興味のあるかたは劇場まで足を運んで頂けると幸いです。公式サイトにパート2の予告動画があります。親バカならぬ、爺バカで、すみません。

なお、もう一本の映画とCM出演が決まっているとのこと。解禁されたら「爺ばかシリーズ」でお知らせします。う~ん。期待の新星(爺ばか全開!!)かも? 応援してくださいね。

山田 紗椰 やまだ・さや(2005年9月生まれ)

Aライツ所属

テレビドラマ
wowowドラマ東野圭吾作「変身」嵯峨典子役(2014年)


TBSテレビ「天皇の料理番」高浜静子役(2015年)

舞 台
マコベス~泣いてたまるか~(オフィス北野)(2015年)

C M
SUZUKI「スペーシア」(2013年)


サントリー「南アルプスの天然水」(2014年)   他






2016年4月2日土曜日

不肖・三田登がモノ申す!(57)

それ見たことか!「特定秘密保護法・情報監視審査会」に監視機能なし!
何が秘密かは監視役にも教えない。「政府による特定秘密指定をチェックする衆参両院の情報監視審査会の報告書からは、行政機関が開示を阻めば、国民の代表の目も届かないという現実が浮かび上がる。審査会は特定秘密保護法の成立直前に設置が決まったが、不十分な監視機能しかない制度の欠陥も改めて示された(朝日新聞)」。監視委員会が機能しない代物であることは、当初から指摘されていたことです。

山田健太・専修大学教授は、「まっとうな秘密管理の精度として成立しえない恐れが明らかになった」と指摘しています。「秘密の内容すら秘密」では監視しようがありません。

特定秘密法の「秘密」の対象は、国の安全保障に関係する「外交」「特定有害活動の防止」「テロ活動の防止」とされていますが、対象となるかどうかの基準は、どうにでも拡大解釈できるほど曖昧であり、諮意的に「秘密だ」と言えば「秘密」になるのです。対象者は罰せられ、国民の知る権利は形骸化する。そして国民の目も口も耳も奪い、国民を統制し、戦争法のもとに日本は世界中に、いつでもどこでも戦争にはせ参じる国になります。

やはり、秘密法も戦争法も廃止させなければなりません。そのためには参院選あるいは衆参同時選で、国民の声と行動で、アベ自公政権を叩き潰さなければなりません。